スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

泊原発再稼働 北海道原子力安全対策課にTEL!

「泊原発動かして 何を根拠に安全だというのか?」
泊原発再稼働 の 北海道原子力安全対策課
011-204-5011 に抗議TELしました。
(対応ウサミ氏)


結論としては
「泊原発は高橋はるみ知事をどうにかせんと
 どうにもならん!」



【話の内容 大まかに】

Q 何で再稼働できるのか?道の原子力安全対策課は安全と思っているのか?

 →我々が安全を認めた、というわけではないんです。
  再稼働と言われているが、調整運転していたのが続いている、ということ…
   
  (でも 安全が十分確認できてないことなどに 抗議はしたのか、
   あるいは予定あるのか?と問うと …それはないと。)
  
Q.じゃあ誰が最終判断したのか?

  →「保安院」
   でもそんな中で今回は、海江田大臣から「地元の意向を見て」ということもあった と

   
  (その後「地元の意向はOKと 北海道原子力安全対策課はしたのか」など問うと
   我々も色々と議論して~などになってきたので)


Q.じゃあ止めるにはどうすればいいの?道議会が過半数で認めない、とかなればいいのでしょうか?
  
  →議会が審議や採決する、ということはない
   (なぜかというと 国に権限がある)


Q.じゃあ北海道としては原発を動かすことを認める、
 というのは誰が決めるの?

  →(色々 我々原子力安全対策課 周囲の町とも議論して~などあったが)
   「最終的には知事の意向になる」
   (やっぱり知事に戻ってくる)
  


(ちなみに 電話応対してくださったウサミ氏は
 個々の説明など丁寧にご対応いただきました)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【電話しての印象】


「北海道原子力安全対策課」は 自分たちに法令的に権限がない、ということをことあるごとにのべ
 印象としては「道民を守る責任が“ない(持てない、持つ権限がない)”」
 …自分たちの限界を最初に引き、責任の所在はここにないですよ、ということを
  示しているように見えた。
 道民を守ってはくれません(やはり役所)

 ・事故が起きたらどうするつもり?福島では現に起こった、ことを問うても
  そうなった場合は何らかの責任を…など
  その場しのぎの回答。考えてない

 ・とはいえ、そもそも知事がトップの組織。
  いち役所の方に その気概を持ってほしいところだけど、
  現実的にはムズカシイところであると思う。
 


やはり 経産省ズブズブ、北電役員から献金が毎年の恒例行事の
高橋はるみ知事をやめさせないことにはどうにもならん!!



高橋はるみ事務所に電話したが(TEL:011-200-8066)が
19時前だったからか誰も出らん…

また抗議したいと思います!
相手がウンザリするほど声をあげなきゃいつあげる!


北海道知事 高橋はるみ 北電とのズブズブぶりにあきれた! (引用 東京新聞 8月17日記事)

今日の東京新聞。
泊原発の再稼働を容認した 高橋はるみ知事の
北電とのズブズブぶりを糾弾。
高橋知事の とにかくあきれるほどひどいです!


「北海道電力幹部からの政治献金は毎年の恒例」
「北電元会長が資金管理団体の会長」
「経産省にとってこれほどの“人材”はなかった」
「もともと原発を推進してきた経産省の官僚」
「父親は経産省と関係が深い地元のガス会社の元社長。
 弟は現社長」


つまりこの人、道民のことどうでもいいんです
(だって福島であの事態が進行しているのに
 容認しますか!?)
自分の親族の利益のために道の政治やってる。
IMG_1443_convert_20110818005549.jpg

この人に 北海道の美しい大地を放射線で汚染させる
権利はない!
高橋はるみ知事、即刻リコールしてでもやめさすべきです。
もう想定外なんて許されません!


IMG_1444_convert_20110818005432.jpg

東京新聞様には勝手な写真掲載ではあるのですが…買って応援させて頂いております!
(まあ日付も変わりましたし多めにみてくださいませ)

東京新聞 本当にぜひ購入を勧めます。
今最も国民側に立っている(つうか 唯一と言えるくらいまともな)
マスメディア、ここだけです。

他紙やテレビでは絶対知らせない「大変な事態」と「悪」の中にいることに
はっきりと気づかされます

首都圏など 各地 土壌検査の結果を チェルノブイリにあてはめてみる

日に日に厳しいニュースが多く何が危険かわからなくなってきました。
そこで危険を整理するために…

各地で土壌調査結果が 【Bq/kg】で明らかになってます。
そこで 首都圏中心に(福島も一部)
チェルノブイリの汚染区域区分に【Bq/m2】で換算して
照らし合わせてみます


(9/16追記)「注:チェルノブイリ時には セシウム137だけで
    避難基準は決められている、合算するのは違和感、というご指摘を頂きました。

    正直、“セシウム”という文言でくくり
    134,137の区別を精査していないまま情報をご紹介していたところは
    ございました。

    セシウム137は 半減期およそ30年
    セシウム134は 半減期およそ2年 とされています。
    そのこともここに記したうえで、134と137をたしての
    合算を、あてはめた場合、ということでのせさせていただきます」


★計算式は【■■Bq/kg×65 → ●●Bq/m2 】
*式は 安全委員会が発言したという記事に基づきました
(Bq/kg に 65をかければ Bq/m2 になるそうです)
 http://fpaj.jp/news/archives/3035
 
*ちなみに この計算式 何をかけるか、は様々な説もあるそうです

<チェルノブイリの区分はというと>
(1) 強制避難ゾーン 148万ベクレル/㎡以上
(2) 強制(義務的)移住ゾーン
  55万5000ベクレル/㎡~148万ベクレル/㎡

(3)希望すれば移住が認められるゾーン
  18万5000ベクレル/㎡~55万5000ベクレル/㎡

(4) 放射能管理が必要なゾーン  
  3万7000ベクレル/㎡~18万5000ベクレル/㎡


(区分はこちらが参考  http://fpaj.jp/news/archives/2922 
 他ページも見ましたがこの区分は 間違いないようです)


【以下、ランダムに、福島、岩手、首都圏の
 たまたま目についたものを中心に換算してみました】
*引用先の方 現状周知のために使わせていただきました 
 不都合あればご連絡くださいませ》


●(2)の強制(義務的)移住ゾーン だったもの

 ■福島県伊達市霊山町小国字馬場: 1,295,515 Bq/m2

 (セシウム134+セシウム137合計 19,931Bq/kg×65=1,295,515)
 http://2011yomemucyu.blog.so-net.ne.jp/upload/detail/m_E59C9FE5A38CE6A49CE69FBBE5A0B1E5918AE69BB8.jpg.html 
 ■埼玉県三郷市 小学校:897,780Bq/m2
  (セシウム(137と134の内訳は不明) 13,812Bq/kg×65=897,780)
  http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110705-00000068-jij-soci

●(3)の希望すれば移住が認められるゾーン だったもの

 ■江戸川区臨海町1-1植え込み:240,045Bq/m2

 (*私が土壌調査を同位体研究所に依頼)
  セシウム134+セシウム137合計 3693Bq/kg×65=240,045)


●(4)放射能管理が必要なゾーン  だったもの

 ■千葉県船橋市 小室保育園砂場:97,565Bq/m2

 (セシウム134+セシウム137合計 1501Bq/kg×65=97,565)

 ■千葉県船橋市 八木が谷2号公園:76,375Bq/m2
 (セシウム134+セシウム137合計 1175Bq/kg×65=76,375)
  
  船橋の二カ所のデータは
  http://www.city.funabashi.chiba.jp/information/p015854_d/fil/space230624.pdf  
  (他も複数があがっていますが
   最も高い2つ「小室保育園砂場」と「八木が谷2号公園」の計算にとどまってます)

 ■千葉県いすみ市新田 :40,105Bq/m2  
 (セシウム134+セシウム137合計 617Bq/kg×65=40,105)
  http://twitpic.com/5l0a5q


 ■埼玉県 久喜市
  5/2時 埼玉県久喜市の保育園の園庭土壌:84,305Bq/m2

 (セシウム134+セシウム137合計 1297Bq/kg×65=84,305)

   同所 3cmほど土壌表面を削り5/9再検査:71,695 Bq/m2 
  (前回比約15%減)
(セシウム134+セシウム137合計 1103Bq/kg×65=71,695)
  
  http://blog.goo.ne.jp/luca401/e/d2354b34e08c1f34803c01659d3d7421

 ■横浜市港南区港南台南公園の土:47,320 Bq/m2
 (セシウム134+セシウム137合計 728Bq/kg×65=47,320)
  http://twitpic.com/5c4raf
 
 ■横浜市 鶴見区 公園の土: 64,025Bq/m2
 (セシウム134+セシウム137合計 985Bq/kg×65=64,025)
  http://tacchy-al.cocolog-nifty.com/yokohama/2011/05/post-ee7b.html

 ■横浜市 保土ヶ谷区 神戸町公園の土: 58,435Bq/m2
 (セシウム134+セシウム137合計 899Bq/kg×65=58,435)
 http://yokohama-konan.info/park


 ■岩手県の公園
  前沢いきいきスポーツランド(奥州市前沢区):38,025 Bq/m2

  (セシウム134+セシウム137合計 585Bq/kg×65=38,025)

  一関運動公園 多目的グラウンド(一関市):52,260Bq/m2  
  (セシウム134+セシウム137合計 804Bq/kg×65=52,260)
  
   http://www.pref.iwate.jp/view.rbz?nd=4196&of=1&ik=1&pnp=50&pnp=4196&cd=33281
   同ページに掲載の他の2公園は
   ・千厩愛宕児童公園(一関市千厩町):6935.5 Bq/m2
    (セシウム134+セシウム137合計 106.7Bq/kg×65=6935.5)
   ・環境保護研究センター(盛岡市):1826.5 Bq/m2
    (セシウム134+セシウム137合計 28.1Bq/kg×65=1826.5)
                    …放射能管理区域よりは下の結果に
 


●以下は、放射能管理が必要なゾーン よりも低い結果になっております。
 その中でも 高い/低いがあり 何とも言えませんが…


 ■横浜市都筑区某公園グラウンド部分の土:10,140Bq/m2
 (セシウム134+セシウム137合計 156Bq/kg×65=10,140)
  http://yokohama-konan.info/park
 ■杉並区の小学校 校庭表土:22,360 Bq/m2(*セシウム137のみ)
 (セシウム137のみ 344Bq/kg)
  http://togetter.com/li/146004
 ■杉並区 高円寺東保育園 運動場:8,723Bq/m2
 (セシウム134+セシウム137合計 134.2Bq/kg×65=8,723)
 http://www2.city.suginami.tokyo.jp/news/detail/11408/dojou_sunaba_kekka.pdf
 (複数の地がありますが 最も高い「高円寺東保育園」のみ計算)


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

いずれにせよ首都圏も 安全、ではありませんね。。。

数値はおおよそ 嘘をつくものではありません。
現実と対峙し、そのうえで「これから」を第一に過ごしていく
助けになればと思います
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 (ブログ主からおしらせ)

「7/10(日)に岡山県の津山でデモがあります!
 多くの人に集まってもらいたいので、
 情報を岡山のお知り合いやフォロワーに拡散お願いいたします!」とご連絡頂きました。
  
  ↓こちらを
 http://gennpatyu.cocolog-nifty.com/blog/
 
 2011.07.10(日) 岡山県津山市 山下児童公園 
 (鶴山交番の向かい・大手町中国銀行津山支店の向かいの市営駐車場の隣の公園)
 公園住所:津山市山下30-16
 
 時間:13時集合、14時デモスタート


ホームページをご覧になってください。
主催の方の「まだの人も、少しでもやってみようよ」という思いが伝わります。
デモなど行ったことがない方、今が 未来を明るくする時!
岡山津山の方、ぜひ!

そして行けない方も、一人でも多くの方にこのアクションが周知されるよう
拡散ご協力ください!(先のHP、ご紹介のモデル文章も記載されています)


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

各地で線量計測なども始まり、下記掲示板もそろそろ役割を終えたかなと
思いますが、どなたでもぜひご自由に。繋がって下さい!


  ◆福島県の方
   『放射線から命を守る! 行動提起・地域情報など交換・連携』
   のための掲示板


  ◆宮城県の方
   『放射線から命を守る! 行動提起・地域情報など交換・連携』
   のための掲示板


  ◆茨城県の方
   『放射線から命を守る! 行動提起・地域情報など交換・連携』
   のための掲示板


  ◆千葉県の方
   『放射線から命を守る! 行動提起・地域情報など交換・連携』
   のための掲示板


  ◆東京都の方
   『放射線から命を守る! 行動提起・地域情報など交換・連携』
   のための掲示板


  ◆神奈川県の方
   『放射線から命を守る! 行動提起・地域情報など交換・連携』
   のための掲示板
 

  ◆埼玉県の方『放射線から命を守る! 行動提起・地域情報など交換・連携』
   のための掲示板
 

  ◆《福島県、宮城県、茨城県、千葉県、東京都、神奈川県以外の方》
   『放射線から命を守る! 行動提起・地域情報など交換・連携』
   のための掲示板


  ◆安全な食材 売り込み&使ってます 情報交換掲示板


また、アドバイスを求めている方、
逆に 沖縄に避難したので ご当地情報は発信します、という方(神奈川の掲示板に)
などいらっしゃいます。
この危機をのりきるために、繋がる助けになれば!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

新規カキコミはツイッターなどでもご紹介させていただきます!

「大したことない 汚染拡散-影響小さく見せようと腐心」東京新聞 一面 5.19

大手で 国のやりくち(「放射線出てますが安全です」)を
真っ向から批判する 東京新聞。

本日の一面は「大したことない-影響小さく見せようと腐心」

(↓見出しが見えないレイアウトですみません クリックすると見えます)

IMG_0806_convert_20110519161458.jpg

IMG_0807_convert_20110519161616.jpg

危険をごまかして 人々を危険におとしいれた
(それは今も続いています)
国のやり口、許せない!

同時に こうした実態を暴いてくれる東京新聞、
断然支持!


そして東京新聞は、この記事の最後に
情報や感想をお寄せください として 情報を募集しています。
 手紙 〒100 8505
    (住所不要)東京新聞原発事故取材班
 ファクスは 03(3595)6919
 電子メールは shakai@tokyo-np.co.jp

一般の方、事故後の東電や行政に
「こんな嘘やまやかしを言われた」
「情報を隠された」
「学校の除染などを頼んだときの
 教育委員会や学校などの
 心ない対応」
など 送ってみてはどうでしょうか?

この東京新聞を味方につけない手はない!!


5/12付でも 「東電“また”情報操作」
「狙いは原発存続?」「電力会社と経産省グルに」
など
汚いやり口の真相に真っ向迫る東京新聞。
有用な情報をお持ちの方、白日の下にさらしてください!



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
(以下、写真の新聞の 一部を引用です
   ※事故発生後 危険を知りながら隠した一部始終)


「これは相当まずいんじゃないの」
福島県原子力安全対策課主幹の
片寄久巳(57)が心配したのは
高濃度の放射能に汚染された抑制室から
水が漏れ出ることだった。
そうなれば、広い範囲の環境が汚染される。

 (中略)

午前9時、第一原発の正門付近の放射線量が
毎時12ミリシーベルトを記録した。
片寄は、数値を見て「えーっ」と絶句する。


 (中略)

だが、官房長官の枝野幸男(46)は
午前11時過ぎの会見で
「若干の放射性物質が流出していることが
 推察される」
「(爆発音の)前後で周辺の数値
 (放射線量)に大きな変化はない」と話し、
影響を小さく見せる。


午後5時には、第一原発から北西約63㌔の福島市内でも
毎時0.02ミリシーベルトを測定する。
普段の五百倍。


片寄は手元の計算機で
「0.02×24(時間)×365(日)」とかけ合わせ、
 年間175ミリシーベルトとはじき出す。
 (中略)

どうしたら県民に不安を与えない説明ができるかー
必死に考えた末に、
会見で「胃のエックス線検査は0.6ミリシーベルト。
0.02ミリシーベルトは大したことない。
直ちに健康被害があるわけではない」と話すことにした。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

なんて汚い…命をなんだと思ってるんだ?
どうして 命よりも「県民に不安を与えない説明」を優先するんだ!?

【福島も 行政に行動だ!】

ツイッターで知り合いました 福島市の方。

福島の放射線に対する対策、愛情、子供たちへの思いを
要望書にしたため、行政への提出を予定されています。
(6月15日以後 予定)


要望書作成にあたり、ツイッターでやりとりしかなかった自分に
「こうしたら良いとかこんなこともなどあれば色々と」など
呼びかけて頂きまして、恐れ入る思いです。

そして役所と電話などやりとりした結果、
6月15日以後に、提出する段取りもあたりをつけられ
要望書を固めていかれているところのようでして、
ここに「一緒に提出に行きましょう」という
お知らせを掲載させて頂きます。


(このブログの更新がとまる恐れもあるため
 最新情報はyoshi_love_CHRISTのブログ でぜひご確認を)
http://ameblo.jp/kitt2000gtr80034gtr/


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
(以下 5月18日現在 yoshi_love_CHRISTのブログ より)

6月15日以降に市長と県庁を訪れる連絡をとってありますので
ご一緒に皆様で作り上げて声をあげて提出しませんか?
国にはまだ連絡はとれてませんが提出します。

ぜひ、皆様一緒に要望を、
国民・市民・パパ・ママ・子供の声を訴えましょう


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
(そして以下に思いのこもった 要請書の冒頭をご紹介させて頂きます
 ※長文ゆえここでは冒頭部分にとどめます
  全体は
  yoshi_love_CHRISTのブログ
 
 ※これは5/18現在の文面です。
  提出まで修正を重ねるとのことなので 変更になる場合があります。
  上記ブログで細心の状況はご確認を

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
(以下5/18 時点 ブログ掲載時点での要望書、冒頭です)


             要望書
                
 福島県知事
 佐藤 雄平 殿

 福島第一原発事故における放射能被害及び健康被害・農作物被害・
 子供たちの緊急避難・動物保護・放射線管理リスクアドバイザーに関する要望

 平成23年3月11日に発生した東北地方太平洋地震により、
 東京電力福島第一原子力発電所で発生した原子力災害において、
 福島県及び多くの市民・国民に不安や深刻な被害をもたらしております。

 現在、地震発生から2か月が経過しましたが、いまだに多く県民が避難生活を余儀なく
 されているにもかかわらず、東京電力による一時金の支給、
 そして避難者への義援金の支給がなされておりません。

 5月15日には、新たに川俣町や飯館村の計画的避難が行われ、
 さらに故郷を離れ、風評被害による失業や放射性物質による土壌汚染により、
 さらなる失業者が増えつつあります。

 県民及び全国の国民が、福島県の原発事故に伴い
 安定した日常生活を送りたくてもなかなかできない状況であります。
 日々、マスコミや原子力保安院 の説明が報道される中で、
 さらに原子力事故の隠ぺいが発覚し、事態は悪化の一方を辿るばかりです。

 避難所生活を余儀なくされている方々は、憔悴しきっており、
 市からの支援物資配給がストップされ、栄養不足の状態であり、
 個人のプライバシーを守ることもままならない状態です。

 さらに、これから夏に向けて気温は上昇し、
 窓を開けられない中での生活は、とても人間が生活できる環境ではなくなってきています。

 また、余震も続いており小さい子供やお年寄りは
 日々どうなるのか不安でいっぱいですし、やり場のない怒りで満ち溢れております。
 そして極度の心労が重なっており、「生きる気力を失いつつある」のが避難所の現状です。

 故郷を追われ、家畜を見殺しにされ、餌を与えられなかった思い、
 稲の作付け制限・海の汚れ・野菜の出荷制限・
 水産業の被害拡大と暮らしの見通しが立たない状態です。


 佐藤知事、このままでいいのでしょうか?

 私たちは法律で「基本的人権により、必要最低限の生活が保障」されています。
 国や県や市は、この「基本的人権」を守らないつもりなのでしょうか?
 また「動物愛護法」に基づいて、「動物をむやみに殺してはならない」とあります。

 私たちは、
  【1】「子供たちをとりまく環境改善についての要望」
  【2】「動物保護についての要望」
  【3】「原発事故についての情報公開と
      放射線管理リスクアドバイザーについての要望」
  【4】「農作物被害についての要望」
 について下記に記します。

○【1】子供たちをとりまく環境改善についての要望

 現在福島県内のほぼ全てのところで、以上に高い数値が検出されつつあります。
 その中で、生活や仕事や子供たちは学校で勉強したり、
 幼稚園児は外でさえも遊ぶのが危険な状態です。
 学校の教員の先生方も我慢している状態です。
 
 部活動もできない、学生にマスク配布や放射能を避けさせるために
 必要なものもの配布も学校側で購入するか、どうかという状況です。
 親が子供を守るには福島県から安全なところに避難・疎開をしなければなりません。
 この状況の中で教師をはじめ子供たちは
 これからの夏をどう乗りこえるかという課題も含まれております。

 学校の授業中に「死亡した」・「具合が悪くなって入院した」ということになれば
 教育現場の方に警察が入り、調査をしなければなりません。
 
 そして、福島県全域にわたり、土壌調査を行い、
 そのデーターを公表することや、各世帯に1台ずつガイガーカウンターを
 無償で貸し出せる制度をお願い致します。

 また、地域により線量には差がありますので、
 市内のモニタリング箇所をもっと増やして、
 より多くの市民が現状を把握しやすいように要望致します。

 リスク管理に最も必要なことは、詳細かつ正確なデータを得ることだと思います。

 今回の原発事故により「学校の窓をあけられない」という事態が発生しています
 45分や1時間とかいう学びの時間の間に具合が悪くなっていく子供たちもいます。
 
 少なくても何らかの緊急処置が必要です。
 これは何かが起こってからでは遅いのです。


 責任を取るのは行政でしょうか、学校側の校長あるいは教師、保健室の先生でしょうか。

 子供たちが食べる給食にしても、
 たしかに福島県産に野菜を使って作りなさいというのはわかりますが
 3.11の前と今では全く状況が違うのです。

 放射性を含む食べ物は、体に蓄積され、
 感受性の高い子供たちの甲状腺などに少しずつたまっていきますし、
 そうでなくても常時放射能を浴びせられているのです。
 

 今のままでは子供たちは満足に授業ができないまま大人になってしまう可能性もありますし、
 土で遊ぶことの楽しさを忘れてしまいます。
 国が専門家 を学校や幼稚園の調査にあたらせ、土壌汚染の徹底チェックをし、
 それをリアルタイムで県民に知らせるべきだと思います。
 現時点では限られた場所だけの測定です。
 ガイガーカウンターを無料で全世帯に配布する義務があるのではないかと思います。

 県民は「自分の命は自分で守るしかない」という方々もおられますが、
 行政であるあなた方が、県民の健康を守り、
 そして安全な食べ物・飲料水などの提供をすべきであると思います。
 
 また、子供たちだけでも、疎開やホームステイなどを福島県として推進すべきだと思います。
 1・2・3号機がメルトダウンしている以上、
 県民・国民に対して、すべての情報を隠すことなく、
 事実を公表する監督責任義務が生じるはずです。
 今後この状態が悪化することも考えられますし、国民の、市民の生命を守るということも含め、
 ここに早急に誠実な対応、及び責任を持った対応を早急にしていただきたく、強く要望致します。


 《※中略させて頂きます ブログ主》

 学校や幼稚園の放射線量を低減させるにあたり、有効な作業といたしまして
 下記の5つの手法があると考えられております
  ① 校庭の表土をはがし取ること
  ② コンクリート面の高圧洗浄
  ③ ガラス面の高圧洗浄
  ④ 雨水路の洗浄と汚泥の除去
  ⑤ 土手の草刈り


  この5つが挙げられます この5つの作業のうち、①を除けば
  「学校(幼稚園)・地域の連携による作業で十分に達成可能である」と思われます。


 《※中略させて頂きます ブログ主》

 【子供たちをとりまく環境改善についての要望 まとめ】
 

 ・専門家を学校や幼稚園の調査にあたらせ、土壌汚染の徹底チェックを毎日行ってください
  その結果を ホームページなどを利用しリアルタイムで県民に告知してください
 
 ・ガイガーカウンターまたはホールボディーモニター、
  バイオアッセイを無料で全世帯に無料配布してください
  (絶対数の問題がある場合は せめて学校毎に1台を配布してください)

 ・幼稚園、保育園、小中高に マスクなど こどもが放射線から身を守るために
  必要なものを早急に配布してください
 
 ・こどもの安全を守るために 疎開・ホームステイを 福島県として推進してください

 ・学校の除染を《提案資料1》で示した5つの方法などを用いて速やかに行って下さい
    ①校庭の表土をはがし取ること ②コンクリート面の高圧洗浄
    ③ガラス面の高圧洗浄 ④雨水路の洗浄と汚泥の除去 ⑤土手の草刈り

 ・学校の環境を《提案資料1》で示した方法などを用いて整えて下さい
    ①夏休みを2か月にする ②エアコンや除湿機を設置し、湿度や室温を下げる


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

このような形で、さらに
【動物愛護】
【原発事故の情報公開 そして 県放射線リスクアドバイザー山下教授について】
【農業・水産業】
についてなどの 要請をしたためておられます。

思いと時間をこめ、資料なども密に集められてまとめた
要望書は、拝見しまして 本当に なんとかしたい! という思いが
熱くこもっておられます。


 とにかく 福島を何とかしたい、
 福島の命を、未来を、こどもを守りたい
 という思いの熱さには心がうたれます



仙台で要望書を5/17に提出された方の
 出したあとの声
をご紹介させていただきましたが、
 行政の側の方も 心でどうにかしたいと思いながら
 市民の要請を待っているところも見受けられます。

 この行動が 福島市で 不安気持ちから行動へ、
 そして希望ある未来を作り出すものと願い
 多くの方の 要請書提出へのご参加を願い
 ここに要望書を一部ではありますが
 ご紹介させて頂きました

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 福島の方 行動する時は 今です
 未来の福島を守るために



ご賛同・一緒に提出希望などの方は
yoshi_love_CHRISTのブログ へメッセージを!
最新コメント
最新記事
カテゴリ
最新トラックバック
プロフィール

Takedesudomo

Author:Takedesudomo
FC2ブログへようこそ!

フリーエリア
月別アーカイブ
訪問者数
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。