スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

福島県の方 『放射線から命を守る! 行動提起・地域情報など交換・連携』のための掲示板

*福島県の方

 放射線から命を守るために
 「こんな行動しましょう!」
 「こんな行動があっているので参加してください!」
 「こんなことに困っています いい方法はないですか?」

  などの情報交換・告知 

 また福島から 避難・疎開を実際にした方や 避難受け入れの情報
 「○○に避難をしましたが
 避難先の生活は このような感じです」
 
 などの情報を コメント欄を使って自由に利用してください!


★7/16追記 ブログ主一家の移住先 岡山県倉敷市の方向ですすんでおります!
当初 様々な地域を考えており、情報も募集していましたが、情報下さった方ありがとうございました!
8月の一番最後頃に移住予定です!


★6/9追記 ブログ主一家(私、妻、小5男、小3女)は
 放射線の心配から一学期中で東京終了!引っ越し決断しました!夏休み移動が目標。
 住宅ローンはまぁどうかなる!仕事もどうかなる!


 注!)個人情報《特に携帯電話番号》の取り扱いは
    くれぐれもご注意を!
    この掲示板は世界中の誰でもみれるものですので!


 《※この掲示板では 震災・津波被害などはありますが
   話題は「原発 および 放射線のこと」》にされるようお願いします


*また申し訳ないのですが
 ブログ主は 各掲示板の動向・内容は 逐次チェックは
 出来ないことはご了承ください!

*また、FC2ブログのサーバー・運営に頼っている
 ページであり、ブログ主がバックアップなど
 十分にとれていないことをご了承ください!

 (責任逃れかとは思いますが、
  万が一 ブログページに不測の事態が起こると
  困りますので 記載させておいて頂きます)
 


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【掲示板を作ったきっかけになった
5/21にコメントされた声】以下に転載しておきます
 

*この方々の 連絡先は 現在のところ ブログ主にも不明です

不安
何もかもを捨てて行けたらどんなに楽だろう‥
と子供と自主避難を考えています。
しかし、全く行った事が無い土地を選ぶ
目安、期間もわからずに行く勇気がまだありません。
遠方の方から見たら実に情けない事だと思います。
しかし福島や近県では、原発については言えない雰囲気にあるのです。
本当に困った事です‥。
自主避難を考えている事を誰にも言えず、
隣家の洗濯物や布団が外にあるのを悲しく見ていたりするのです‥。
家族といつまでバラバラなのか、
サラリーマンの夫はそう簡単に移住出来ません…
会社を辞めれば良いという方もいらっしゃると思いますが、
夫は楽観的で自主避難なんて考えてもいません。

また、遠方に行けば行くほど往復は厳しくなります。
お金の余裕もありません。
そして、飛行機による被曝はどうなのか‥
学校を何ヶ月かお休みするには理由をどうするか、
などなど堂々巡りで我ながら情けないです‥
2011-05-21 12:33 マリ URL : 編集



同じです
私も同感です。友人とも温度差そして一番の理解者であるはずの主人は楽観視で
疎開なんて言い出せません。
多分勇気あるママが集まればみんなで疎開なり行動に移せるはず。
毎日もんもんと過ぎていき
元気のないお母さんになってます。

どなたか一緒に行動をおこしてください。
それが突破口です。
行きましょう!!
2011-05-21 16:18 とも URL : 編集



(福島以外の方向け)
  ◆宮城県の方のための掲示板
  ◆茨城県の方のための掲示板
  ◆千葉県の方のための掲示板
  ◆東京都の方のための掲示板
  ◆神奈川県の方のための掲示板 
  ◆埼玉県の方のための掲示板
 
  ◆《福島県、宮城県、茨城県、千葉県、東京都、神奈川県、埼玉県以外の方》のための掲示板

 ◆安全な食材 売り込み&使ってます 情報交換掲示板(5/30追加作成)


※6/4補足追記(コメント欄で紹介した長野県松本市 給食について)
  以前 長野県松本市「給食 被ばくゼロの方針」の旨を紹介しました。
  それについて、松本市に問い合わせ、その内容を紹介された方が
  「趣旨はよいのだが、少し表現を変更して欲しい」という旨を松本市から受けたとのことで
  紹介したコメントは一旦削除しています。
  後日、松本市から 文章が到着するそうなので、その情報をうけたら またご紹介させて頂きます

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

我が家もです。。。
郡山に住んでおりましたが会津地方に引っ越してきました。
でもまだ原発が収束してないし放射能もまだ出てます。
でも主人は仕事はやめれないし何で避難?大げさだと言われます。
疎開について話すと喧嘩になります。
私はただ子供達(2歳と4歳と6歳)を守りたいだけです。
主人はもう大人だからかまいません。
ただ子供達はこれからなのにと思ってしまいます。
県外へ行きたいですがどうしていいかわかりません。。何か良い方法があれば教えていただきたいです

<りりさん
 (ツイッターで コメント要旨公開したところ
  「@voice_fukushima 福島の声 」さんから 下記頂きました
   http://twitter.com/#!/voice_fukushima/status/71973813025374210

避難希望者の強行突破。最終的にはどの家庭もそれしかないのかなと思います。
僕のところは妹・弟夫婦に小さい子どもがいるけど祖父およびその親類が難色を示す。
だから勝手に連絡を取って話をすすめて今日(5/22)避難先・京都の下見へ

伊豆高原のペンションでは福島県からの避難者を無料受け入れ中

静岡県・伊東市の応援を受け岩手・宮城・福島の県民の方は
1泊3食付無料で避難していただけます。
37施設400名の受け入れ態勢があります。
毎日福島県のお母さん達から問い合わせをいただいています。
すでに30名以上のお母さんや子供・幼児の方を受け入れが決まっています。

幼稚園・保育園ごとの全員避難
中学・高校の部活合宿(夏休み中)など
団体での受け入れも可能です。

迷いながらのお問い合わせが多数あります。
1-2週間だけでも放射線から逃れると体内の放射能物質の数値は減少するとのこと。
夏休み期間も含めて避難を考えてはどうでしょうか。
ペンションは家族で経営しているところが殆どです。
子育て中のオーナーも我が事のように心配しております。
きっとお力になれると思います。
ご相談ください。

罹災証明は不要です。本人確認が出来る書類があれば大丈夫です。

メール・遅くなっても必ず当日中にお返事します。
電話・代表事務局 0557-54-1453(ペンション・ノーヴァ内)


北海道に

リリさんはじめ 
同じ思いです。
旦那や義理の父母に過剰だとバカにされてチャンスもタイミングも
のがして過ごしてます。原発で喧嘩になり離婚までいきそうです。

うちも子供が7才5才3才で仙台にすんでます
実家は福島の川俣で帰省できません
両親はまだそこにいて国の指示を待つといってます
言葉がないくらい悲しいです。

たまたま
北海道の疎開支援に連絡したところ
北海道の旭川にペーパン地区というところがあり
福島人が入植した土地があり農業体験などで修学旅行生が
おとずれるとかろみたいで
福島の先人の方がいらしてあたたかく迎えてくれるはずとのことで

好感触でした。
子供と自分では病気やピンチの時心細いかもしれませんが
後悔しないためにも数年いいのではと。。


という自分も誰かに背中を押してもらいたかったりしてますが。。

夏休みというチャンスをまち一度下見しつつ
そのまま居座ろうかともかんがえたり
してます。
個人ではむずかしいので有志をつ
のりたいです。

コメントやアドバイスありがとうございます!
少しでも被爆しないように娘の夏休みを利用して県外へ避難を考えております。
他の県や市町村で受け入れというのは本当に有難いことだと感じます。
ただ やはり家族(我が家は主人ですが)が理解してくれないと避難できません。
もう勝手に避難したら?というような状態です。

でもそう言われても県外へいつ行こうか私は考えております。
避難したい方が集まってみんなで非難できる環境が出来るといいなと思います。
うちは5月から引っ越して幼稚園がかわりやっと慣れてきたのにと主人は言いますがそんなことより被爆させないことが大事と私は強く思います。
でもそう思って避難されない方もたくさんいらっしゃるとおもいます。
幼稚園では県内の牛乳が出されているし本当に大丈夫なのか心配です。
牛乳出さないで下さいなんてとても言えない雰囲気です。

放射能を気にしないで生活したいです!
私も夏休みに避難といいながら数ヶ月県内から離れても良いと思ってます(原発が収束する見込みがでるまで)

6月末京都移住

*フェイスブックで交流があった 福島在住の33歳男性の方
 からいただいたメッセージ。
 誰かの役に立つなら、と掲載ご承諾頂きました。
 
 (32歳の彼女がいて、将来子供も欲しいし、
  しかし仕事も…と大~変迷われ、フェイスブックでも
  その悩みを公開されていましたが
  5/21下記メッセージ頂きました)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「こちらはこちらで動いてみましたところ
 京都府に移住決定いたしました。
 6月下旬には移住予定です。

 もっと早く出たいのですが
 やはり仕事がなかなか辞められないのが理由です。
 とりあえず、今の会社には15年在籍していたので
 自由な時間がもてなかったため
 しばらくは貯蓄を崩しながら
 (崩して生きてけるのかは微妙な額ですが)
 のんびり生活をしようと彼女と話しておりました。

 仕事が見つかれば良いのですが見つからなくても
 今の世の中何とか食いつなげるでしょう

 楽観的に前向きに進んでいきます。

 福島市に住んでいることは本当に癌を待っているだけの状況です
 でれない方はでれないなりに防御をし、でもでて欲しい。
 その気持ちはあります

 このままいつになったら福島へ戻れるのか
 否かは誰にもわかりません。
 自分は新天地にて仲間を何とか呼び寄せる手はずを行っていきた いと思います。

(さらに後日 一部)
 2chを見ていて
 「こどしはうんまいもも食わせでやらんにがもしんにな
  (今年はうまい桃食わせてやれないかもしれない)」
 「ばっちゃのかぶかねが?
  放射能こわけりゃかねくてもいいよ
  (ばあちゃんのカブ食わないか?
  放射能こわけりゃくわなくてもいいよ)」
 という書き込みを見て 真実で無いとしても涙が出てきました。
 事実、そういうやりとりは腐るほどあったことでしょう。
 新米も桃も野菜もうまいのに
 本来なら地産地消して元気づけてやれるはずなのになぁと
 なんでしょう 悲しい気持ちでいっぱいになりますね

 いやー 福島好きだってのを震災後に知りましたわ
 住みやすいし食い物も水もうまいし良いとこだったんすけどねー

 でも、持ち前の適当さを出し切って
 新天地でも楽しんでいきますよ~
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
(以上 ご紹介させて頂きました)

福島県・市教育委員会との話し合いの主な答え

エアコン設置について
エアコンは「幼稚園及び保育園のみとする」→園児たちが駆け回ったりするため
小・中学校については「扇風機のみとする」→園児ほど幼くもないし、ある程度耐えられるため
高・大は「管轄外なので回答できない」とのことでした。

エアコン設置については、学校側のアンペア変更および工事等もあるため、いまのところ考えていない (本当は全部できればいいと思っている)
という回答でした

ガイガーカウンターについて

・ある程度の中学校には配布している
・配布していない学校もあるが、頼んでるガイガーカウンターが付き次第、早急に配布する

マスク等について

・3月29日付で各学校の校長に「児童にはマスク着用、皮膚を露出させないように指導した」

教室内の放射能値について

・児童に放射能計測器をつけさせるのは、生徒にとっても「ストレス」になるので、教師につけさせて、なるべく同じ環境でいさせて、その値を毎日書いている(書かせている)
・福島市内のある学校の教室の放射能値を計測実施→だいたい0.01~0.09mSv
・自宅にいるよりは学校の教室のほうが安全という認識

なつやすみについて 

・教育委員会で話し合い、意見がまとまれば今年は8月31日まで期間を延長する方針である

校庭の土壌について

・現代段階では調整中でお話はできないが、校庭の入れ替えを検討してるが、土の問題や子供たちが遊ぶところなどの除染方法を探している
・除染に関して詳しい専門家に依頼する予定だが、現時点では見つかっていない

県側の回答は、少し時間下さい、折り返しご連絡致しますとのことでした。

「県は窓は閉めないように指導してます・・・」とのことでした。担当の方ははっきり言って放射線に関して全くの素人の方なので・・・・

とりあえず、一部始終報告してそのあとに資料を渡しましたが、「これで変わらなかったら国民を・子供を福島県教育委員会は見捨ててる」というふうに受け取り再度来ますといって、第一小の音楽室を後にしました。

わたしはこのような回答を聞いてがっくりきました・・・・

シートを上から包むだけですか?
あり得ません。絶対にそれをやってはいけません。
福島を永遠に汚染状態にさせてしまいます。
せっかく集めたのなら保管です。
コントロールできる範囲内での保管が放射性物質対策の大原則です。
目先の簡便性で処理してはいけません。
お願いしますコンクリートのプールを作りその中に保管して下さい。

それと市政だより3ページの側溝清掃の延期もあり得ません。
側溝内の落ち葉やゴミが高濃度に放射性物質に汚染されています。
市民を被爆させ続けしまいます。
即刻除去しなければなりません。
もちろん燃やしてはいけません。
焼却炉の煙突から飛散してもう一度福島を汚染させてしまいます。
側溝の清掃の方法や今後の放射性物質の除染しっかり対策立てなければなりません。

1.掃除は生徒にはけっしてやらせない。

2.大人がマスク、手袋着用で、箸、ピンセット等を用いて、決して触れない事

3.風のない日に行う事

4.集めた落ち葉、コケ、ゴミは決して焼却したり、ゴミ収集処理に出さず、ドラム缶(出来たらペンキで黄色く塗り)に入れて、雨の当たらない校庭の隅に保管

・除染は高い所から低い所へ行うのが基本
・除去した汚染土壌はコンクリート製の穴に埋める。
(これからの梅雨や台風の雨で汚染土壌から放射性物質が流れ出る恐れあり)
・一か所に集めるのなら、しっかり管理する事
・もちろん蓋もしっかり閉める
・シートなんかで一時しのぎはしない(国は面倒みてくれない)

校舎と樹木の除染=校庭の土壌を入れ替えても、校舎や樹木が汚染されたままでしたら、そのうちに校庭も再び汚染されてしまいます。自分達の子供は、自分達で守るしかありません。

2011年5月16日 (月)

発生者責任の原則

平成17年に、原子力政策に関する基本方針として閣議決定された原子力政策大綱において、「発生者責任の原則」が示されています。

「原子力政策大綱」(平成17年10月11日)に示された放射性廃棄物の処理・処分の考え原子力の便益を享受した我々の世代は、これに伴って発生した放射性廃棄物の安全な処理・処分への取組に全力を尽くす責任を、未来の世代に対して負っています。

放射性廃棄物は、次の4つの原則のもとで、その影響が有意でない水準にまで減少するには超長期を要するものも含まれるという特徴を踏まえて適切に区分を行い、それぞれの区分毎に安全に処理・処分することが重要です。

1.発生者責任の原則
2.放射性廃棄物最小化の原則
3.合理的な処理・処分の原則
4.国民との相互理解に基づく実施の原則

これらの事を今の政権は知らないのでしょうか


ストロンチウムは性質がカルシウムと似ており,摂取すると大部分は骨に蓄積され容易に排泄されない。β崩壊してイットリウムに壊変しさらにβ崩壊してジルコニウムに壊変する。健康影響が大きく非常に危険な放射線物質であり,体内への取り込みは絶対避けなければならない


上記の方とツイッターでつながって!

上記 教委と話し合いをされた結果をのせてくださった
「324GTRVSP」さんなのですが
ツイッターで知り合い、猛烈な勢いで行動をされています!

(「324GTRVSP」さんのツイッター)
http://twitter.com/#!/324GTRVSP

ツイッターからメールへ、とやりとり広がり
福島を愛す、子供を愛す、その気持ちと
「福島は今みんなでかわらないと(声をあげないと)!」という
本当に強い情熱をもたれています。

そして県や市、国などにも要望書を出す手はずを
すでにとられています!!

もっと大きな動きになれると思います。ぜひつながってください!
《自分も東京で出される折りにはぜひと思ってます》

こちらは 「324GTRVSP」さんのブログ
http://ameblo.jp/kitt2000gtr80034gtr/
みんなで要望書を出しに行きましょう!
とその下案を公開されています
(ただ 今仕事をされながら
 多くの方とツイッターでつながり
 ブログまで手が回らない様子
 だけど 本当に大きな流れを巻き起こされています!
 命と未来のために!)



県別 食材 検査結果情報(厚生労働省

「給食」心配ですが…

・食品中の放射性物質の検査結果(厚生労働省報道発表資料)が
 産地別・調べた日別でこちらでみられます

 (どこ産の何をいつ調べて
  ヨウ素、セシウム134,セシム137が何ベクレルだったか、と)

(ここ↓の一番上にあります)
http://www.maff.go.jp/noutiku_eikyo/mhlw3.html

東日本のもの食べない、がベストながら限界もあり…
じゃあどこのが低めなの?的なのを見るのに役立てば。


またやはり、福島の物はどうしても高いです。
この表などを使いながら
「給食に安全な食を」と保護者さんどうしつながって、学校に声を、
あるいは弁当を認めさせて…といったことになっていけば
よいのですが…

福島県下の農地の土壌放射能地図 を作成された方がいらっしゃいました。
大変見やすい!

http://maps.google.co.jp/maps/ms?hl=ja&gl=jp&ie=UTF8&oe=UTF8&msa=0&msid=216965309545705845043.0004a2dec4ea1f56e2cae

また、福島県外版も作られていらっしゃいます!
http://maps.google.co.jp/maps/ms?hl=ja&gl=jp&ie=UTF8&oe=UTF8&msa=0&msid=216965309545705845043.0004a3b325516169da4d6

家の中のごみは外へ出せ

324GTRVSP さんへ、放射性物質の含まれている落ち葉をゴミとして出さないほうが、空間拡散しないという意見について。 公共機関のゴミ焼却炉はダイオキシン対策により、細かい粒子でも焼却チリとして煙突から出さないように改良されている状況です。 だからドンドン家庭内ゴミは燃えるごみとして出していいと思います。 そして焼却炉側の焼却灰の処分に放射性物質としての適正保管を求めなければならないと思います

避難・疎開の促進/法定1ミリシーベルトの順守を 署名 すぐできます

《文科省への行動なども 中心の一つだった方々 署名スグできます!》
(下記HPよりの情報)
http://fukurou.txt-nifty.com/fukurou/2011/06/post-b536.html
福島老朽原発を考える会 (フクロウの会)

【福島原発震災(101)】
避難・疎開の促進と法定1ミリシーベルトの順守をよびかける署名【拡散希望】

 署名はオンラインでも紙でも受けつけています。
 ぜひご協力ください。 紙版は下記からのダウンロードできます。
 http://dl.dropbox.com/u/23151586/kami_kodomosyomei.pdf

 オンライン署名は下記のウェブ経由でお願いいたします。
 http://www.foejapan.org/infomation/news/110610.html

・子どもたちを放射能から守る福島ネットワーク、
 フクロウの会他6団体
・放射能汚染から子供たちを守るため、
 避難・疎開の促進と法定1ミリシーベルトの順守を呼びかける署名を開始しました

(中略)一次締め切り:6月20日
二次締め切り:6月30日
最終締め切り:7月5日

 趣意書は直接HPをご覧下さい!

今後の賠償に備えて(弁護士会主催) 福島県内各地 6/25!

6/25 に 福島県内各地で
福島県弁護士会主催の説明会があるようです。

これは大事なのでは!
予約不要、参加費無料だということでぜひ。


(浪江町HPに記載 以下 そのまま転載します)
http://www.town.namie.fukushima.jp/?p=4570

標題:~これからどうなる?原発事故の損害賠償~原発事故損害賠償説明会
主催:福島県弁護士会
開催日:6月25日(土) ※場所・時間は以下に記載
参加費:無料(予約不要)

1.原発事故損害賠償手続きの流れの説明
 ○どのような災害について
   どのような手続きで賠償を受けられるのか、
   しっかり情報収集しましょう。
2.福島県原子力災害被災者・記録ノートの配布及び
  記載方法の説明
 ○今後の賠償に向けて
  事実関係や資料の整理をしておくことが重要です。
 ○弁護士会では、整理用のノートを作成しました。
  このノートを活用して、今から準備をしておきましょう。

~開催場所・時間 ※日にちは全て6/25(土)~

■福島①
  場所:あづま総合体育館(福島市佐原字神事場1番地)
  時間:10:30~
■福島②
  場所:A・O・Z アオウゼ(福島市曾根田町1番18号MAX福島4階)
  時間:14:00~
■郡山
  場所:ビックパレット福島 Cホール(郡山市南二丁目52番地)
  時間:12:30~
■いわき
  場所:いわき産業創造館(LATOV6階)会議室1(いわき市平字田町120番地)
  時間:10:00~
■会津
  場所:会津若松市生涯学習総合センター(会津稽古堂)3階研修室(会津若松市栄町3番50号)
  時間:14:00~
■白河
  場所:白河市産業プラザ人材育成センター(白河市中田140(旧職業訓練センター))
  時間:13:00~
■相馬①
  場所:相馬市総合福祉センター(はまなす館)(相馬市小泉字高池357)
  時間:10:00~
■相馬②
  場所:原町商工会議所(南相馬市原町区橋本町1-35)
  時間:14:00~







★「原発にさようなら1000万人署名」のお知らせ!★

ブログ主から!!!
「原発にさようなら1000万人署名」のお知らせ!

◆9/17~19「全国アクション」
 9/19「原発にさようなら集会」東京・明治公園に向けて◆

内橋克人さん、大江健三郎さん、落合恵子さん、鎌田慧さん、
坂本龍一さん、澤地久枝さん、瀬戸内寂聴さん、辻井喬さん、
鶴見俊輔さんの九人が呼びかけたものです!

本当に1000万人署名を実現”しよう”じゃないですか!

http://www.peace-forum.com/no_nukes/2011/06/110615action-news.html

●ネットでもカキコミ出来ます。
●ですがそこからもう一歩、署名用紙をプリントして、親に兄弟にご近所に
 かき込んでもらいましょう。1000万やりましょうよ!

(第五福竜丸 水爆実験後の主婦から始まった署名は3千万いったんです!
 できるさ!
 参考:そのとき歴史が動いた 
     「母親たちの反核運動~3000万の署名、大国を揺るがす」
 http://www.youtube.com/watch?v=rdtAG64FbYI )

福島県弁護士会「原子力災害 被災ノート」 リンクから印刷できますので

福島県弁護士会さんが「原発事故の補償を受けるために必要なことをかきとめておく」
ためのノートを作成され、
ホームページから印刷が出来るようになっています。

これからのために、ぜひ!

http://business3.plala.or.jp/fba/sinsai_soudan/hisaisya_note.html

福島県在住以外でもつけておくとよいのでは、と。
ブログ主(東京在住)もつけておこうかと思います。

直ちに移住政策を!

 福島原発事故が0.85エクサベクレルの放射性物質をまき散らしたと発表された。かってチェルノブイリ原発事故では14エクサベクレルの飛散があったが、これは広島型原爆の400倍であった。つまり今回は400×0.85/14=24で、広島の24倍である。また放射性セシウムの流出量が広島原爆の168倍にも達した事も保安院から発表された。
 チェルノブイリでは事故当初に203人が入院し、内31人が死亡した。しかし当初は予測されていなかったが、その癌患者発生がピークになる14年後には事故処理交代作業員86万人中の74万人が何らかの病気に罹り、内5万5千人が死亡した。ウクライナ国内の被曝者総数は342万人に上ると言われている。そして25年経った現在も周囲30キロ圏は放射能の為に立ち入り禁止が続いている。
 当時チェルノブイリの人口は10万人だったが、今は300人である。一方福島県は200万人であり、周辺人口も多い。最新のホットスポットの地図では、風雨で拡散して、もう福島県は真っ赤である。

 ウクライナの人口密度は77人、日本は343人である。従って、単純計算では被曝者数はチェルノブイリの、24/400×343/77=0.26倍となる可能性が高い。つまり25年後、被曝者総数342×0.26=89万人である。広島の被曝者総数は24万人であり、放置するとその3.7倍になる可能性が高い。福島県民の東半分は移住が必至であると考えられる。
 早急に福島原発検診センターを作り、全員の内部被曝の計測を行なう必要が考えられる。
 また今回は元凶の核燃料を抜く作業に5年、完全な廃炉に10年かかると発表された。同様に長期に渡り立入禁止区域になると考えられる。残酷だが福島県も事故後25年目のチェルノブイリの様に汚染された森になると考えられる。
 私の被曝者数の概算が示す危険性が、早川由紀夫群馬大教授の値の10分の1に過ぎない事を言わねばなりません。
 また1991年に5200万人であったウクライナの人口は2010年には4500万人に減少しています。ウクライナのLugyny地区の平均寿命は事故前75歳であったのが、事故後65歳にまで減少しています。
 従って、残酷ですが福島県の東半分も25年目のチェルノブイリの様に汚染された森になると考えられます。

情報提供です

岡山市に移住する場合は、家屋の一部被災でも支援対象となるので、実は意外と門戸が広いんです。

おまけに、一度どこか県外に避難した人が、二次避難先として岡山市に転入する場合でも大丈夫、1か月以上常住した後から支援対象となります。

活断層なし、歴史を遡っても大地震の震源になったことなし、災害が少なく安全、そして海の幸と山の幸に恵まれた岡山で暮らしてください。

昔からの教育県、福祉県、医療県でもあるので、お子様から子育て世代の親御様まで安心ですよ。

こちら(岡山市役所の相談窓口)に相談を→086・803・1358

岡山にお越しください

福島県のみなさま、岡山は東北や関東からの転入が激増してるようですよ。
日本国内では一番災害が少なくて大地震の震源になったことがない数少ない都道府県、しかも安全な食べ物と温暖な気候に恵まれた福祉県ということで人気です。
岡山市は被災して一度どこかに避難した人が引越す2次避難の相談にも乗ってくれて、状況によっては支援対象にしてくれるそうなので安心です。
【岡山市役所の相談窓口 電話番号は086-803-1358】

岡山への移住などを支援してくれる団体もありますので、紹介いたします。
放射能を避け、福島から岡山に移住されたご夫婦が中心となり、東日本地域から岡山に移住や避難をされる方をサポートしてくださっています。
【子ども未来・愛ネットワーク http://kodomomirai.org/office.html

被曝対策についての3つの情報

EMを使うと外部被曝も内部被爆も解決するそうです。
知り合いの方がEMを使って掃除の実験してみたところ、関東で0.2マイクロ→0.08マイクロ位まで下がったそうです。

「東北関東大震災の被災地での活用」
http://dndi.jp/19-higa/higa_39.php
「内部被爆対策」
http://dndi.jp/19-higa/higa_40.php
「株式会社EM研究所」
http://emlabo.co.jp/index.php
「EM販売 ニコマート」
http://www.nikomart.jp/

また放射能物質は究極の陰物質なので、これに対抗するためには陽の気をもった食事(梅干し、玄米、ゴマなど)や発酵食品をとる事が良いそうです。広島の被爆者もその後玄米菜食をしていた人や味噌工場などの発酵食品を作っている工場の人はほとんど被爆の影響を受けずに暮らせたそうです。


それから放射能汚染の土壌浄化には菜の花が良いそうです。
菜の花からバイオディーゼル油も取れるそうです。(油には放射能が入り込まないそうです)
「チェルノブイリ ナロジチ再生・菜の花プロジェクト」
http://www.chernobyl-chubu-jp.org/pg156.html

セシウム除染

大事なお子様を守ってあげて下さい。
ようやく、全ての部品を日本で製造及び組立て、純粋な日本製「放射能測定器」をお求め安い価格で卸販売をはじめました。
また、日本製除洗剤・プロが使用する高額な測定器も卸販売しています。

お気軽にお問合せ下さい。  フォーライフ
最新コメント
最新記事
カテゴリ
最新トラックバック
プロフィール

Takedesudomo

Author:Takedesudomo
FC2ブログへようこそ!

フリーエリア
月別アーカイブ
訪問者数
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。